妥協しない結婚式

結婚式なら当サイトにお任せ!

このサイトでは結婚式の費用についての情報をご紹介しています。
式をするときににかかる平均金額とその内訳や、親が負担する金額の目安といった気になる情報に関しても取り扱っています。
さらに予算を抑えたい場合にチェックしておきたい親族のみの式は安く済むのかといったことやウェディングにかかるお金を安く抑えるためのコツ、自己負担の金額相場についても紹介しているサイトです。
式のお金が気になる人はぜひチェックしてみてください。

結婚式にかかる平均費用まとめ!気になる内訳は?

結婚式にかかる平均費用まとめ!気になる内訳は? 結婚式というとお金がかかるというイメージを持たれることが多いため、どの程度の費用が必要なのか気になるという人は多いでしょう。
挙式と披露宴をする主流なタイプの式から、少人数の食事会スタイルまで結婚式にも様々なものがありますが、費用の平均的な金額は60名ほど招待したタイプでおよそ370万円ほどです。
この中で挙式会場の使用にかかるのが約20万円、そして披露宴をするパーティ会場の使用料金は約30万円となっています。
新郎新婦の衣装やヘアメイクなどで87万円、披露宴で振る舞う飲食代には130万円ほどです。
また映像演出や写真撮影の費用は約40万円となっています。
その他に装花や演出、引き出物などが含まれているほかサービス料などこまごました内訳があります。

結婚式の費用の内訳は実際どうなっているの?

結婚式の費用の内訳は実際どうなっているの? 結婚式を挙げる計画を立てるにあたり、まず式場選びから入ることになります。
もちろんその前の段階でコストがかかる事をできるだけ控えたいという事で、写真だけの結婚式にするという選択肢が出てくることもあるかもしれません。
最近は増えていますし、それでも思い出に残すことが出来るという点では費用もかなり抑えられますし式を挙げないのであれば絶対に写真は撮影したいものです。
もし式場やホテルで挙式を挙げるのであれば、予算を考えることも大事です。
考えようによってはご祝儀の分をあてにして計画をするというのもありですが、格式の高い結婚式場やホテルですとそういうわけにもいきませんので、内訳なども考えて予算を組んでいく事をお勧めします。
何をこだわるか譲れないかというのを第一にあげて、あとは妥協できるところは削っていく、オプションは出来るだけ入れないという方法で組んでいくと予算を下げる事も可能です。
何も考える事なく決めていってしまいますと本当に上限がなくなりますしきりがありません。
予算を最初の段階で大体決めて置き、その中で上手くやりくりをしていくというのが理想です。
一生に一度と考えるとあれこれやりたくなりますが、予算は重要です。

結婚式についてはコチラもチェック

神戸 結婚式